ランニング

ランニング初心者が月間100キロ走るための心得

これまでフルマラソンや100キロトレイルランの大会に30レースほど出場して、全盛期は月間300キロほどトレーニングで走ってきました。

ここ数年パタリと走らなくなってしまいましたが、今月はダイエットを兼ねて久しぶりにランニングを再開して、3日に1度12キロほど走って月間120kmほど走りました。

現在は2ヶ月前から7キロほどの減量に成功しいて、あと3キロ痩せて10キロ減量させる予定です。

一応、ランニングで成果がで始めたと言うことで、今回はランニングでダイエットを成功させるコツを紹介したいと思います。

月に100キロ走るコツ

一度に10キロ以上走れるのあれば、3日に一度走れば月間100キロ。

運動不足の方は無理なので、最初は無理せず3日に一度、3キロを月に10日間頑張れば月30キロ達成できます。

ランニングは積み重ねれば、必ず長く走れるようになっていきますので、個人差がありますが3ヶ月3日に一度走れば必ず走れるようになります。

走れるようになるという事は、走れる体質に変わるという事。無駄な脂肪が少なく、足腰に筋肉が付きエネルギーを消費しやすい身体になるという事です。

無理をしない

一生懸命走ってしまうとキツくて走るという行為が楽しめなくなります。

「楽しくない」「ツライ事」は続ける事は出来ないので、最初は無理せずあまり辛さを感じない程度に留めておく事が大切です。

無理すると怪我をします

最初から自分の身体のポテンシャル以上のトレーニングをやると必ずと言って良いほど故障します。

私の場合は、ふくらはぎの肉離れがクセになっていて、レースの前にちょっと負荷をキツくしたトレーニングを行うと、すぐにふくらはぎが肉離れを起こしてしまいます。

今はレースに出る事も無くなったので、日々のんびり走っているので、故障する事はほぼ無くなりました。

無理をしてしまうと怪我をしてトレーニングを数週間休まなければならなくなるので、無理せず怪我には充分に気をつけるべきです。

辛いのは走り出すまで

走るのが辛いって思ってしまうのは、他に誘惑があるからなんですよね。

仕事から帰って軽く食事して、さて走ろう!と思っても「お風呂でゆっくりしたい」「ビールを飲んでゆっくりしたい」など様々な誘惑があります。

なので仕事から帰って、それからトレーニングするために家を出るって大変なんです。

でも、着替えて一歩家の外に出てしまえば、意外とスイッチが入ってしまうもので、最初は歩いて身体を温めれば意外と走れてしまうものです。

それでも気持ちが乗らない時は無理せずその日は辞めて次の日にしましょう。

そこで大切なの次の日に必ずやる事。続ける為にはその日出来なくても、次の日にやらないとやらないクセが付いて続ける事が出来なってしまいます。

目標を設定する

意外とこれが大切で、何か目標が無いと甘えが出てしまい、やらなくなってしまいます。

例えば3ヶ月で−10キロ達成するとか、いつまでにどうなるのかを明確にしておく事で目標がリアルになります。

その時に大切なのは「数字」の目標を立てる事。

見た目の目標では客観性がなく、甘えが出るので必ず数字で目標を立てましょう。

達成出来なかったら奥さんや彼女に何か買ってあげるとか約束するのも良いと思います。

月間100キロ走るメリット

私の経験上、月間100キロ走ると身体的な変化が実感できました。もちろんそれ以外でも運動する事で健康的な身体になる事もあるとは思いますが、見た目の変化を求めるならやはり月間100キロは必要かと思います。

痩せる

月に100キロ走る事で確実に痩せていきます。

私の場合、身体176㎝、体重70キロだと10キロ走ると大体700キロカロリー消費する事ができます。

月に100キロ走ると消費カロリーは7000キロカロリー。1キロの脂肪を消費する為には7200キロカロリーと言われていますので、1ヶ月で1キロの減量に成功する計算になります。

月間100キロ走れば確実に痩せる

食生活をしっかりと管理しつつ、毎月100キロ走れば確実に痩せて行きます。

最初から100キロが無理でも、月に30キロからでも継続的に走れば、100キロ走れるようになり結果的に痩せる事ができます。

何事も継続が大切です。

-ランニング

Copyright© 【筋トレいろは】40歳から始める筋トレ&ダイエット , 2020 All Rights Reserved.